REPORT

2019年12月28日(土)

Kozeeレポートvol.35 越谷市太郎兵衛もち協議会「太郎兵衛もち」

 

【SASARU×こしがや愛されグルメ手土産編📍】
“徳川家康も愛した伝説の餅”
江戸時代から継承された幻のもちは
「越谷市太郎兵衛もち協議会加工部」の「太郎兵衛もち」。
栽培が難しく収穫量が少ないため生産が途絶えそうになった太郎兵衛もちを、何とか後世に残そうと協議会を組織。
「炊き」「のし」など昔ながらの製法で、1枚1枚丁寧に作られたのし餅は、コシのあるしっかりした食感で通常の切り餅よりも溶けにくく、お雑煮やあられにも最適。生産量も少ないため、年末限定の販売。まさに幻の餅!
毎年太郎兵衛もちを楽しみに正月を待つのも越谷市民ならではの伝統なのかもしれない。
越谷駅前のガーヤちゃんの蔵屋敷でも購入可能です。