REPORT

2019年12月31日(火)

Kozeeレポートvol.36 いしいのそば越谷分店「そばづくし」

 

【SASARU×こしがや愛されグルメ蕎麦編📍】
“漫画にもなった幻の蕎麦フルコース”
田んぼが広がる一角に突如ポツンと現れるのが「いしいのそば越谷分店」。趣ある古民家風の建物で頂くのは
全5品からなる「そばづくし」。
本店のある福島の宮古地区は標高が高くお米の栽培に不向きだった土地で、古くから蕎麦が栽培されていました。
「宮古打ち」という独特な打ち方で家庭でも普通に十割蕎麦を打っていたそう。
その蕎麦は「幻の蕎麦」とも称され、村おこしの一環で自宅から開放したのが始まりという。
風味豊かなそば粉100%で作る全5品のそばづくしは、まさに蕎麦のフルコース。
シンプルに薬味と醤油で食べさせる「そばがき」と香ばしい味噌との相性が抜群の食べ応えのある「そばがきの味噌炙り焼き」。
口直しにピッタリの出汁が決め手の「そばがきの揚げ出し」は絶品。
きな粉と黒蜜で仕上げた「そば団子」はデザートに。
そして〆に「十割蕎麦」をやれば、気分は蕎麦セレブ。蕎麦の風味に満たされる事間違いなし!